アジア稲刈りプロジェクト


ページトップa
アジア稲刈りプロジェクト
アジア稲刈りプロジェクトとは、フィリピンのマニラから南方に350kmのカマリナスノルテにて稲を刈るビジネス支援をしております。

現在フィリピンの自給率は80%です。
100%にするには、どうしても農業の機械化が必須条件になります。
機械化を促進することにより自給率をあげられるのです。

また、フィリピンには毎日食事が出来ない子供達がたくさんおりますので、その子供達に稲刈りビジネスで得た利益の何%かを子供たちの食事に充てようと考えたプロジェクトです。
また、それはアジア全体のプロジェクトに成りえるビジネスモデルを創造出来るかもしれないのです。

現在、カマリネスノルテにてキンテラファミリーや近隣の方々約25名と共に、コンバイン3台、トラクター1台、トラック1台で日々勉強しながら進んでおります。

現地スタッフ「キンテラファミリー」

キンテラファミリーは兄弟12人と甥や姪の約20人。
みんな働き者の集団で、稲刈りビジネスに取り掛ってくれました。
また、たくさんの仕事と日本式のビジネスに大変興味を示しており、やる気満々の素晴らしいファミリーです。

写真ライブラリー
▼現地の様子とスタッフのいきいきとした仕事風景をご覧ください

Contact Us